任意売却

任意売却とは?

任意売却って?

「任意売却」とは、不動産所有者本人の意思により、不動産に対して抵当権を設定している債権者(銀行やカードローン会社を代表とした金融機関)や利害関係者に抵当権や差押登記などを解除してもらい、債務者である売主(不動産の所有者)と買主との間における売買契約をすることです。

通常、抵当権や差押登記が設定されている場合、売主は買主に所有権を譲渡するまで登記を外さなければなりません。
また、抵当権などの担保権の登記設定した債権者から借り入れた金銭と売却にかかる諸経費以上の金額で不動産を売却することができれば、問題は発生しません。

しかし住宅ローンを滞納しているケースでは、購入時の金額よりも現在の市場相場の方が下回っている場合がほとんどです。そのため、売るに売れない状態が生まれるのです。
住宅ローンをそのまま返済しないと、抵当権等を設定した担保権者は最終手段として競売手続きを申請します。
そうなると、所有者の意思とは関係なく、一番高い価格で入札をした会社や個人に不動産の所有権を移転しなければなりません。

任意売却を行うと、そういった状況を回避できます。
債務者(不動産の所有者)と債権者が任意売却による不動産売却に合意すれば、抵当権等担保権を外してもらうことができるので、競売になるよりも迅速に解決ができます。
また、相場に近い金額で売却することができますので、債務者にとっては回収金額が多くなるというメリットがあります。